WEB制作会社の就職

WEBデザイナーになりたいのですが、どのようなスキルから習得すればよいか・・という人は結構多いと思います。
これは、最低限、ある程度の仕組みを分かっていないと話になりません。

まず初めに、HTMLとはホームページを作るための一種のプログラム言語的なものと理解していただければ良いかも知れません。

多くのWEBサイトは、このHTMLでコーディングされたものばかりで、いくらFlashオンリーのページといえど、必ずHTML言語が使われています。

このHTMLは、他のJavaなどの言語に比べても憶えやすく、ちょっと勉強すればある程度のWEBサイトを形にすることもできます。
HTMLの基本は、「タグ」と呼ばれる英字の記号です。

このHTMLは全てのWEBサイトに使われているので、タグの使い方がわからないと、WEBデザインが全くできなかったりするので、これは特に憶えておくようにしましょう。

CSSとは、おおまかに説明すると、HTMLをデコレーションすることができるということです。
このCSSは、HTMLとともに、WEBデザインの大事な言語になります。

HTMLの項では説明しませんでしたが、HTMLファイルというのは、「文書ファイル」として位置づけられているもので、元々はデコレーションができるという概念はありませんでした。

文書構造を形作るのがHTMLでHTMLに色々な効果を与え、デコレーションするのがCSSと、目的が全く異なる2つの種類の言語が一つに合わさったものが、現在のWEBサイトの基礎的な部分になっています。