WEB制作会社の今後

この不況でどの制作会社も売り上げが伸びない状況ではあるようですが・・・将来生き残れるWeb制作会社とはどの様なものなのでしょうか?
1990年代は、パソコンが使えたり、ワードやエクセルがうまいというと理由で就職には有利でしたが、今はパソコンが使えない人を就職させてくれる企業が少ないぐらいの変わりようですし、2000年代前半ではWebが作れる=Web製作会社として引き合いがありました。

現在は、色々はテンプレートやASPサービスがあり、素人でも簡単なWeb製作できる時代ですから、作れるだけでは魅力がないのも当然なのかとおもいます。
デザイン力がそのひとつであると思います。

どういうサイトを作って欲しいのか聞いて いるような制作会社はもうダメだと思いますし、クライアントは所詮WEBもデザインも素人なのではないかと・・・そんな素人の要望だけを聞いてそのまま作っているようではダメで、どんなサイトにすると企業ににとって良いかのかが重要になってくるのではないかと思います。

今は素人でも簡単にサイトやブログは作れますし、テンプレートのデザインなどのクオリティーも向上してますし、かといって企業やユーザーの好まない格好良くて独創的なデザインを勝手に作るような所も論外です。

企業の要望を聞きつつ会社のコンセプトとこれからの方針を把握して,プランや営業戦略を提供出来、正確な顧客拡大獲得に合った検索キーワー ドを盛り込んで価値のあるアクセスを作り出せる企業が生き残るのではないかと思います。