XHTML + CSS時代

ここ近年でWEB制作の仕方が随分と変わりつつあります。
昔からよく使われていたテーブルと言われている構成のものが主流でしたが、ここ数年でXHTML+CSSで構成されるものが一般的になりつつあります。
なぜ、そのような事になったかのでしょうか?
それは、SEO検索エンジンに大きく関わってくるからです。

従来のテーブルで構成されたものよりも、XHTML+CSSで構成されたものの方が検索に引っ掛かりやすくなっているからです。
検索に引っかかると言うことは、自社のサイトやホームページが上位に来るようになり、多くの人に閲覧されるようになり、売り上げも急増します。
従来のテーブルで構成されたホームページやサイトを持っている企業がどんどんXHTML+CSSで構成されるものに移行しているんです。

XHTML+CSSで構成されているサイトやホームページは修正やレイアウトが従来のものに比べると簡単に行う事が出来ますので、メンテナンス等に時間がかかりません。
検索エンジンに重要なキーワードを正確に拾って貰うようにするにはきちんとした構築やソースが必要なんですが、テーブルで構築されたものは、デザインと文章が混ざってしまっているものが多いので検索エンジンに引っかかりにくいんです。